このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
人と自然が調和するまち 函南町
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 健康・福祉・医療
  • 観光・イベント
  • 行政情報
  • 公共施設のご案内
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度 予算

最終更新日:2018年9月18日

平成30年第1回(3月)函南町議会定例会において、平成30年度の一般会計と特別会計の予算が議決されましたので、地方自治法第219条第2項の規定により、次のとおり公表します。

平成30年度当初予算
一般会計 117億3000万円 前年比1.7%増
特別会計 103億93万3千円 前年比3.9%減
総額 220億3093万3千円 前年比1.0%減

一般会計

 一般会計予算は、歳入歳出総額 117億3,000万円で、前年度比 1億 9,900万円、1.7%の増額となりました。
 第6次函南町総合計画の将来都市像「環境・健康・交流都市函南」の実現のために、環境・健康・交流の3つの政策分野ごとに、6つの施策の柱と基本目標を定め、将来を見据えた着実かつ実践的な取り組みを進め、主要施策を中心とする事業への効果的な財源配分や、限られた財源の中での行政効果の最大化を図ることを目的として、具体的な施策の展開を図ります。

環境【 環境・防災 】

快適に安心して暮らせる環境づくり

  • 省エネルギー推進事業(予算額 438万8千円)

 公共施設の照明のLED化を推進し節電を図り、CO2の排出量の削減に努めます。

  • 高齢者運転免許証自主返納の支援(予算額 78万円)

 高齢運転者の運転免許証の自主返納を支援し、自動車事故の防止に努めます。

環境【 社会基盤 】

コンパクトで効率的な都市づくり

  • 地域公共交通基本構想の策定(予算額 280万6千円)

 地域公共交通会議で意見の集約を図り、地域の実情に即した持続可能な公共交通の実現に向け、地域公共交通の基本構想を描きます。 

  • 景観計画策定事業(予算額 600万5千円)

 景観実態調査や町民タウンミーティング・景観まちづくり会議の結果を踏まえた景観計画を策定し、良好な景観の保全と景観を活用した観光振興並びに地域の活性化を図ります。

健康【 福祉・健康 】

誰もが活き活き暮らせる健康づくり

  • 胃内視鏡検査の導入(予算額 417万1千円)

 胃バリウム検査に加え、検診の制度を高め早期発見・早期治療につながるように、胃内視鏡検査を導入します。

  • シニア活動補助事業(予算額 281万1千円)

 健康長寿に資する活動や地域貢献活動を組織的に担える老人クラブの新規設立、会員の加入促進活動に対して補助金を交付し、すべての地区に老人クラブが設置されるよう促進すると共に、地域の活性化や支え合いのまちづくりを推進します。

健康【 教育 】

生涯にわたる学びを支える教育・文化づくり

  • 預かり保育の拡充(予算額 2234万9千円)

 保育園での対応が困難な待機児童解消対策として、みのり幼稚園と自由ヶ丘幼稚園で実施している預かり保育を春光幼稚園に拡充すると共に、預かり保育料の軽減措置を実施することにより、共働き世帯やひとり親世帯へに対し、更なる子育て支援の充実を図ります。

  • 教育環境の整備(予算額 5億9381万5千円)

 老朽化している函南中学校を2ヵ年(平成31年度まで)に渡り改修することで、施設の耐用年数の延伸を図り、生徒の安全と教育環境の充実に努めます。

交流【 産業 】

活力とゆとりを生み出す産業づくり

  • 川の駅整備事業(予算額 2億1056万9千円)

 防災拠点などの機能を持つ「道の駅」に加えて、来場者の憩いの場や水辺に親しむ場として、さらに、水防活動の拠点となる「川の駅」の整備を推進し、道の駅との相乗効果により、観光振興・地域活性化が図られると共に、防災機能を強化します。

  • 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」施設の管理運営(予算額 1億5052万8千円)

 新たな交流拠点である道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」の運営を委託し、地域資源をPRすると共に、町内の農産物を利用した食を提供する等、各種の分野が連携をして観光振興の推進を図ります。

交流【 交流・にぎわい 】

魅力とにぎわいのある交流づくり

  • 町民の参画と協働によるまちづくり(予算額 14万円)

 まちづくりブロック懇談会やまちづくりセミナーを開催し、町民との対話を続け、地域住民の行政参加につながるまちづくりを推進します。

  • 自治会活動の促進(予算額 1155万円)

 核家族化によるコミュニティ活動の低下や地域の高齢化が深刻になる中、区長会を中心に自治会相互の連携を図り、各自治会の地域活動を促進します。

特別会計

 特別会計は、特定の事業を行うため一般会計と区分して特定の歳入歳出を経理するための会計です。
 特定の事業を行う12の特別会計の予算総額は、103億93万3千円で、平成29年度予算と比べて4億1839万3千円(3.9%)の減額となりました。

特別会計予算内訳
土地取得

1962万3千円

前年比85.4%増
国民健康保険

46億351万円

前年比11.7%減

後期高齢者医療

4億4700万8千円

前年比12.4%増
介護保険

29億9315万4千円

前年比1.3%増
下水道事業

12億500万円

前年比7.7%増
農業集落排水事業

808万円

前年比3.7減
上水道事業

8億3061万5千円

前年比1.4%増
畑、丹那簡易水道

1140万8千円

前年比15.4%増
田代、軽井沢、丹那地区簡易水道

1398万3千円

前年比13.0%減
東部簡易水道

1億6660万9千円

前年比12.0%増
平井財産区

194万2千円

前年比89.6%減

上沢財産区 1千円

前年比増減なし

予算書については、データ量が膨大なため、庁舎1階東側の情報開示コーナーにて公表しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

函南町役場 総務部 企画財政課
〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話番号:055-979-8101
ファックス番号:055-979-8148

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

函南町役場

〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話:055-978-2250(代表)
Copyright(c) Kannami Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る