このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
人と自然が調和するまち 函南町
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 健康・福祉・医療
  • 観光・イベント
  • 行政情報
  • 公共施設のご案内
サイトメニューここまで

本文ここから

不妊・不育症治療助成制度

最終更新日:2018年4月11日

函南町では少子化対策の一環として、不妊・不育症治療を受けられたご夫婦に対し、治療に要した費用の一部を助成しています。

助成の対象者

  • 不妊・不育症治療を受ける日において1年以上前から継続して函南町に住民登録のあること。
  • 夫婦のいずれもが医療保険の被保険者または被扶養者であること。
  • 夫婦の間に子がいないことまたは子が1人であること。
  • 他の地方公共団体から助成を受けていないこと。(静岡県特定不妊治療費助成金を除く)

ただし、不育症治療については平成28年10月1日以降に実施したもの
注記:所得の制限はありません

助成の内容

一般不妊治療、特定不妊治療、不育症治療について、同一夫婦に対して1回の申請あたり治療費の合計金額の2分の1の額(1年度あたり10万円を上限)を助成します。

  • 静岡県特定不妊治療費補助金の交付を受けた方は、その金額を引いた額の2分の1を助成します。
  • 1年度あたり2回まで申請でき、助成期間は通算5年度です。(連続しなくてもよい。)

申請、請求の方法

申請の方法

当該年度の末日までに健康づくり課窓口(保健福祉センター内)で申請を行ってください。
年度の繰り越しはできませんのでお忘れなく申請をしてください。

申請時の持ち物

  • 印鑑
  • 夫と妻の健康保険証
  • 夫と妻の戸籍謄本又は戸籍の全部事項証明書(外国籍の方は、公の機関が発行する婚姻を証明する書類)
  • 不妊・不育症治療を受けた医療機関発行の領収書
  • 不妊・不育症治療助成金支給申請書(様式第1号)
  • 不妊・不育症治療受診等証明書(様式第2号)
  • 静岡県特定不妊治療費補助金を受けた方は、その金額を確認できる書類

(様式第1号)(様式第2号)については、下記「申請書ダウンロード」にあります。

請求の方法

不妊・不育症治療助成金の支給決定通知書が届いた方は、受領した日から10日以内に健康づくり課窓口で請求を行ってください。

請求時の持ち物

  • 印鑑
  • 通帳
  • 不妊・不育症治療費助成金支給決定通知書(様式第3号)
  • 不妊・不育症治療費助成金請求書(様式第4号)

その他

静岡県特定不妊治療費補助制度の対象となる方は、県の制度が優先となります。
県の制度については外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「特定不妊治療助成のご案内」(外部サイト)をご覧ください。または、東部健康福祉センター福祉課へ問合せしてください。電話:055-920-2080

申請書ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ先

函南町役場 厚生部 健康づくり課(保健福祉センター内)
〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井717番地の28
電話番号:055-978-7100
ファックス:055-979-4599

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

函南町役場

〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話:055-978-2250(代表)
Copyright(c) Kannami Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る