彫刻(国指定重要文化財)

更新日:2019年4月12日

阿弥陀如来及両脇侍像(あみだにょらいおよびりょうきょうじぞう)(阿弥陀三尊像(あみださんぞんぞう))

重要文化財「木造阿弥陀如来及両脇侍像(もくぞうあみだにょらいおよびりょうきょうじぞう)」は、確認される「慶派(けいは)」仏師実慶(ぶっしじっけい)作仏像4躯中(くちゅう)の3躯(く)(もう1躯(く)は修禅寺(しゅぜんじ)の大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう))で、ヒノキの一木割矧造(いちぼくわりはぎづくり)の三尊像(さんぞんぞう)です。
頬が張り、口角(こうかく)を引き締めて、強い眼差し(まなざし)で前方を凝視(ぎょうし)する若々しい面貌(めんぼう)や、やや細身で胴が締まった体型、ふくらみをもたせた地髪部(じはつぶ)の形状は、慶派(けいは)を代表する仏師運慶(ぶっしうんけい)の作品に近づくものとされ、鎌倉時代初期の慶派仏師(けいはぶっし)の仏像の特色(とくしょく)がよく表れています。
左脇侍観音菩薩立像(ひだりきょうじかんのんぼさつりゅうぞう)は、左前腕部(ひだりぜんわんぶ)が亡失(ぼうしつ)した状態で守り伝えられてきましたが、薬師堂内(やくしどうない)から見つかった仏像残欠(ぶつぞうざんけつ)の復元修理(ふくげんしゅうり)を続ける中で、他の菩薩立像(ぼさつりゅうぞう)の左前腕部(ひだりぜんわんぶ)が左脇侍像(ひだりきょうじぞう)のものと判明し、平成29年度の美術院での復元修理を経(へ)て本来の像容(ぞうよう)に復(ふく)しました。
阿弥陀三尊像(あみださんぞんぞう)は、かんなみ仏の里美術館(ほとけのさとびじゅつかん)で保管(ほかん)・展示公開(てんじこうかい)しています。
詳しくは、かんなみ仏の里(ほとけのさと)美術館(びじゅつかん)のホームページをご覧ください。

中尊像(ちゅうそんぞう):本体像高(ほんたいぞうこう)89.1センチメートル、台座全高(だいざぜんこう)84.7センチメートル
左脇侍像(ひだりきょうじぞう):本体像高(ほんたいぞうこう)106.1センチメートル、台座全高(だいざぜんこう)28.2センチメートル
右脇侍像(みぎきょうじぞう):本体像高(ほんたいぞうこう)107.2センチメートル、台座全高(だいざぜんこう)28.2センチメートル

国指定重要文化財阿弥陀三尊像の写真

函南町教育委員会 生涯学習課
〒419-0122 静岡県田方郡函南町上沢81番地
電話番号:055-979-1733
ファックス:055-979-1744
この担当課にメールを送る

町のトップへ戻る