ヒトパピローマウイルス(HPV)予防接種

更新日:2022年7月1日

HPVワクチン予防接種の積極的勧奨を再開します

 HPVワクチン予防接種は、平成25年6月14日付で積極的勧奨を差し控えておりました。ワクチンに関する審議会で、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、ワクチン接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。それに伴い、令和3年11月26日付で厚生労働省から積極的勧奨の差し控え終了の通知がありましたので、HPVワクチン予防接種の積極的勧奨を令和4年4月から再開することになりました。また、積極的勧奨の差し控え期間に定期接種を逃した世代に対して、一定期間内において定期接種の対象年齢を超えて接種(キャッチアップ接種)を行うこととなりました。対象年齢の人(キャッチアップ接種対象者)は、3年間に限りワクチン接種を受けることができます。また、任意接種として実費でHPVワクチンを受けた人に対し、償還払いとして接種費用を助成します。詳細は下記をご確認ください。

令和4年度 定期予防接種対象者(女子)

定期予防接種対象者(女子)
学年 生年月日 接種期限
高校1年生相当年齢 平成18年4月2日から平成19年4月1日生まれ 令和5年3月31日
中学3年生 平成19年4月2日から平成20年4月1日生まれ 令和6年3月31日
中学2年生 平成20年4月2日から平成21年4月1日生まれ 令和7年3月31日
中学1年生 平成21年4月2日から平成22年4月1日生まれ 令和8年3月31日

※ 標準接種年齢は中学1年生

接種期限

高校1年生相当年齢が属する年度の末日まで

予診票交付方法

令和4年度発送対象者は、中学1年生から高校1年生相当年齢女子です。予診票はすでに5月に発送しています。紛失した場合は、母子手帳をご持参のうえ健康づくり課窓口まで再発行の申請をお願いします。

令和4年度 キャッチアップ接種対象者(積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した人)

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女子

接種期間

令和4年4月から令和7年3月までの3年間

予診票交付方法

 接種を希望される人は、接種履歴を確認するため、母子健康手帳を持参して健康づくり課(保健福祉センター内)窓口へお越しください。窓口で予診票を交付します。

接種場所

接種費用

全額公費負担(無料)
※ 期限を過ぎると全額自己負担になります。

令和4年度 償還払い対象者

平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの女子で、定期接種の対象年齢を過ぎてHPVワクチンの任意接種を実費で受けた人
ただし、令和4年4月1日時点で函南町に住民登録があること
(令和4年4月2日以降に町へ転入された人は、転入前の住所地へお問合せください)

申請の流れ

必要物品を持参して、健康づくり課窓口まで申請してください。
必要物品

  • ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払申請書(下記よりダウンロード可)
  • 本人確認書類(申請者・被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の写し) ※運転免許証、健康保険証(両面)など
  • 振込希望先金融機関の通帳又はキャッシュカードのコピー(口座番号等確認用)
  • 接種費用の支払いを証明する書類(領収書及び明細書、支払証明書等) ※原本に限ります。
  • 接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」欄の写し等)

償還額

接種をした医療機関に対し支払った費用
または、申請年度の接種単価

申請期間

令和4年7月1日から令和7年3月31日まで

関連リンク

函南町役場 厚生部 健康づくり課(保健福祉センター内)
〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井717番地の28
電話番号:055-978-7100
ファックス:055-979-4599
この担当課にメールを送る

町のトップへ戻る