このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
人と自然が調和するまち 函南町
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 健康・福祉・医療
  • 観光・イベント
  • 行政情報
  • 公共施設のご案内
サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年7月1日から全国で「レジ袋の有料化」がスタートします

最終更新日:2020年6月26日

令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋の有料化を行うこととなりました。

普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。
皆さんも、レジ袋有料化をきっかけに自身のライフスタイルを見つめ直し、エコバッグを持ち歩きましょう。

有料化の対象となる買物袋

購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋です。
ただし、環境性能が認められ、その旨の表示がある以下3点は対象外です。
・プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
・海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
・バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

価格設定や売上げの使途

価格も売上の使途も、事業者自らが設定することとなります。
ただし、1枚あたりの価格が1円未満になるような価格設定をすることは有料化にあたりません。

なぜレジ袋が有料化になるの?

国は、海洋プラスチックごみ問題等の課題に対応し、3R+Renewable(再生可能資源への代替)を基本原則としたプラスチックの資源循環を総合的に推進するため、令和元年5月31日「プラスチック資源循環戦略」を策定しました。

この重点戦略の1つとして、リデュース(発生抑制)の徹底が位置づけられており、その一環として、「レジ袋の有料化義務化(無料配布金等)」を通じて消費者のライフスタイル変革を促すこととされています。

詳しい内容については経済産業省HP「レジ袋有料化」をご参照ください。

なぜレジ袋を削減するの?

レジ袋は、石油からつくられるプラスチック製品で製造・処分の過程で、地球温暖化の原因となる二酸化炭素が発生します。レジ袋は、ほとんどが一度使用されただけで廃棄されてきました。現在では、「もったいない」を合言葉に、その削減が求められています。

レジ袋削減の効果は?

日本のレジ袋の使用量は年間で300億以上、一人当たり約300枚と言われています。
函南町では、町民全員が年間300枚のレジ袋を使用すると合計約1,200万枚にもなります。このうち80%の人がレジ袋の利用をやめマイバックを使用すれば、年間約960万枚ものレジ袋を削減できます。
さらに、レジ袋1枚当たりの重さを約10g、二酸化炭素の排出量を約60gと仮定すると、約96tものごみと576tの二酸化炭素を削減することができます。

住民の皆さんへのお願い

マイバックを使って気持ちよく買い物をしていただくために次のことを心がけましょう。
・日頃からマイバックなどを持参しましょう。
・万引きなどの誤解がないよう、買い物中はマイバックを折りたたむなどしましょう。
・会計を済ませてからマイバックを開きましょう。
・お店の備え付けのカゴは、必ずお店に返しましょう。

お問い合わせ先

函南町役場 厚生部 環境衛生課
〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話番号:055-979-8112
ファックス番号:055-978-3027

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

函南町役場

〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話:055-978-2250(代表)
Copyright(c) Kannami Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る