このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
人と自然が調和するまち 函南町
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 健康・福祉・医療
  • 観光・イベント
  • 行政情報
  • 公共施設のご案内
サイトメニューここまで

本文ここから

バリアフリー改修工事を行った住宅に対する固定資産税の減額について

最終更新日:2020年11月12日

バリアフリー改修工事を行った住宅に対する固定資産税の軽減について

高齢者、要介護認定者、要支援認定者、障害を持つ方が安全で安心に暮らせるために、お住まいの住宅のバリアフリー改修工事を行った場合、完了した翌年度について、家屋に対する固定資産税が減額されます。

※都市計画税には減額措置はありません。

※新築住宅軽減及び耐震改修軽減を受けている場合は対象となりませんが、省エネ改修を同時に実施した場合は、併せて減額対象となります。

減額要件

1.対象となる家屋

新築された日から10年以上経過した住宅(賃貸住宅を除く)

※併用住宅の場合は、住宅部分の面積割合が2分の1以上であること。

2.申告時における居住者の要件(次のいずれかに該当する方が居住すること)

a:65歳以上の方

b:要介護認定又は要支援認定を受けている方

c:障害のある方

3.対象となる工事

平成28年4月1日から令和4年3月31日までに完了し、改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であり、補助金等を除く自己負担が50万円を超える次に揚げるバリアフリー改修工事(平成25年3月31日までに契約した工事については30万円以上)

a:廊下の拡幅

b:階段の勾配の緩和

c:浴室の改良

d:便所の改良

e:手すりの取り付け

f:床の段差の解消

g:引き戸への取替え

h:床表面の滑り止め化

減額期間

工事完了の翌年度1年間。当該制度の適用は1回限りとなります。

減額内容

改修した住宅1戸あたり100平方メートル相当分までの税額の3分の1を減額します。

減額を受けるための手続き

減額を受けるためには申告が必要です。次に挙げる書類を税務課資産税係へ提出してください。

必要書類

1.バリアフリー住宅改修に伴う固定資産税の減額申告書

2.改修工事の明細書(工事内容を確認することができる書類)

3.改修前後の工事箇所の写真

4.改修費用を確認することができる書類(費用を支払った際の領収書等)

5.改修にあたり補助金や給付金などを受けた場合、給付を受けたことを確認できる書類

6.減額の要件に当てはまる方がお住まいになっていることを証するもの

a:65歳以上の方は、住民票の写し

b:要介護・要支援認定を受けている方は、介護保険の被保険者証の写し

c:障害者の方は、障害者手帳の写し等

※申告期限は改修工事完了した日から3ヶ月以内です。
※必要に応じて税務課資産税係の職員が、現地を確認させていただきます。

※申告書は、下記よりダウンロードしてください。

その他

介護保険住宅改修費給付及び障害者住宅改造費の助成の利用をお考えの方は、工事前に申請が必要となります。また、介護保険法や高齢者、障害者の住宅改修補助金制度と対象工事が異なる場合がありますので、各担当窓口へ事前にご相談ください。

お問い合わせ先

函南町役場 総務部 税務課 資産税係
〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話番号:055-979-8108
ファックス番号:055-979-8140

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

函南町役場

〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話:055-978-2250(代表)
Copyright(c) Kannami Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る