このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
人と自然が調和するまち 函南町
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 健康・福祉・医療
  • 観光・イベント
  • 行政情報
  • 公共施設のご案内
サイトメニューここまで

本文ここから

省エネ(熱損失)改修工事を行った住宅に対する固定資産税の減額について

最終更新日:2020年11月12日

省エネ(熱損失)改修工事を行った住宅に対する固定資産税の軽減について

既存の住宅に一定の省エネ改修工事を行った場合、翌年度の固定資産税が減額されます。

注記:都市計画税には減額措置はありません。

注記:耐震改修軽減を受けている場合は対象となりませんが、バリアフリー改修を同時に実施した場合は、併せて減額対象となります。

減額要件

1.対象となる家屋

平成20年1月1日以前に建てられた住宅(賃貸住宅は除く)
※併用住宅の場合は、住宅部分の面積割合が2分の1以上であること。

2.対象となる工事

ア:平成20年4月1日から令和4年3月31日までに完了する省エネ(熱損失防止)改修工事

イ:以下の改修工事費用が補助金等を除き、50万円を超えること

ウ:次のaの工事、又はaに併せて行うbからdまでの工事

a:窓の断熱改修工事(必須)

b:床の断熱改修工事

c:天井の断熱改修工事

d:壁の断熱改修工事

エ:改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であること

3.対象となる基準

改修した箇所が現行の省エネ基準に新たに適合したもの

減額期間

工事完了の翌年度1年間。当該制度の適用は1回限りとなります。

減額内容

改修した住宅1戸あたり120平方メートル相当分までの税額の3分の1を減額します。(注釈1)

注釈1:省エネ改修の減額措置について、長期優良住宅の認定を受けて改修されたことを証する書類を添付して申告がされた場合には、改修工事が完了した翌年度1年間に限り、改修した住宅1戸あたり120平方メートル相当分までの税額の3分の2を減額します。

減額を受けるための手続き

減額を受けるためには申告が必要です。次に挙げる書類を税務課資産税係へ提出してください。

必要書類

1.熱損失防止改修住宅に対する固定資産税の減額申告書

2.省エネ(熱損失防止)改修に要した費用を証する書類(領収書等)

3.熱損失防止改修工事証明書

熱損失防止改修工事証明書については、施行担当をした建築士事務所に属する建築士、指定確認検査機関又は登録住宅性能評価機関が発行します。証明書発行に関しては施行業者に確認してください。

4.改修にあたり補助金や給付金などを受けた場合、給付を受けたことが確認できる書類

5.住民票の写し(町内在住者において、本申告書記載の内容を審査するにあたり、固定資産税担当係が住民基本台帳を閲覧することを同意される場合は、住民票の写しを提出していただく必要はありません。)

注記:申告期限は改修工事が完了した日から3ヶ月以内です。
注記:必要に応じて税務課資産税係の職員が、現地を確認させていただきます。

注記:申告書は、下記よりダウンロードしてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

函南町役場 総務部 税務課 資産税係
〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話番号:055-979-8108
ファックス番号:055-979-8140

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

函南町役場

〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話:055-978-2250(代表)
Copyright(c) Kannami Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る