函南町国民健康保険の被保険者を対象とした人間ドック補助金制度について

更新日:2024年03月01日

ページID : 2500

40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した特定健康診査(以下特定健診)及び特定保健指導が実施されています。この健診等はそれぞれが加入する医療保険者により実施されることとなりました。
函南町国民健康保険では、被保険者の方の特定健診の受診を推し進めておりますが、特定健診を受けることができずに、人間ドックを受診された20歳から74歳までの函南町国民健康保険加入者の方には、補助金制度がありますので、ご活用ください。

補助額について

人間ドック受診経費の7割(限度額2万5千円)を交付します。

(例えば、1万円の人間ドックの受診について、補助金申請をされた方については、7千円の補助となります。また、10万円の人間ドックの受診についての補助額は、限度額の2万5千円となります。)

補助金の条件

  • 人間ドック受診当日に20歳以上の函南町国民健康保険の被保険者であること
  • 人間ドックの受診日までにおいて函南町特定健診を受診していないこと

補助金申請までの流れ

申請対象期間の確認

補助金交付のための、申請対象期間は、特定健診終了後の10月1日から翌年の3月31日までとなります。
(特定健診を実施していない方が、4月から9月の健診実施(準備)期間(健診準備期間の4月から5月を含む)に人間ドックを受診した場合は補助金を交付できません。
例えば、特定健診を受けていない方が、6月10日に人間ドックを受診した場合、人間ドック受診日が健診実施期間中のため、補助金の交付はできません。)

医療機関で人間ドックを受診する

函南町国民健康保険では、人間ドックに対する補助金交付の為に、指定の受診医療機関等は設けておりません。
ご自身で医療機関を選択していただき、人間ドックを受診していただきます。(受診については、県外の医療機関でも構いません。)

結果票の受領

補助金申請のために、医療機関からの人間ドックの受診結果票が必要となります。医療機関から人間ドック受診結果票が届くまでお待ちください。

補助金を申請する

結果票が届きましたら、受診日から30日以内に住民課窓口まで、申請にお越しください。必要なものは下記のものとなります。

持ち物

  • 人間ドックの受診結果票
  • 領収書
  • 認印
  • 世帯主の振込口座が分かるもの(ゆうちょ銀行の場合は必ず通帳をご持参下さい。(注釈1))

(注釈1)振込先金融機関として、ゆうちょ銀行をご希望の場合は事前に郵便局にて、“振込専用口座”の開設をお願いします。事前に開設をしていただいていない場合、申請をお断りさせていただくことがあります。

補助金申請時の注意点

  • 特定健診との重複受診はできません。重複受診が判明した場合は、特定健診の受診が優先となるため、この補助金は交付できません。
  • 1年度に1度の申請となります。
  • 脳の検査のみを行う場合の「脳ドック」については、補助金の対象外となります。
  • 補助金交付の対象は受診者本人ではなく、世帯主となります。世帯主以外への振込を希望する場合は、こちらの委任状を作成し、その方の通帳をお持ちください。

申請書について

申請のためには、申請書及び、質問票の記入が必要となります。両用紙ともに、住民課窓口に備え付けております。
また、ダウンロードして使用していただくことも可能です。

後期高齢者医療の被保険者の方に対する「人間ドック補助金制度」についてはこちらをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

函南町役場 厚生部 住民課 国保年金係
〒419-0192 静岡県田方郡函南町平井717番地の13
電話番号:055-979-8111
ファックス番号:055-978-6381
この担当課にメールを送る
この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?